HOME > CE Evidence
  • CT逕ィ騾蠖ア蜑、豕ィ蜈・陬鄂ョ
    • Dual Shot GX
    • A-800
    • Smart Shot
  • MR逕ィ騾蠖ア蜑、豕ィ蜈・陬鄂ョ
    • Sonic Shot7
    • acot S
  • AG逕ィ騾蠖ア蜑、豕ィ蜈・陬鄂ョ
    • PRESS DUO
    • PRESS PRO
  • 騾蠖ア蜑、繝「繝ャ謗「遏・繧オ繝昴シ繝医す繧ケ繝繝LD
  • IVP PUMP 50
  • CE Evidence
  • 縺昴ョ莉門叙謇ア蝠蜩


造影検査情報を一元管理し、先進の医療体制へ


インジェクター装置に設定される造影条件や注入圧力プロファイル、さらに造影検査情報や患者情報などの検査情報を、人の手によるメモやPC入力によって記録していませんか?
CEエビデンスでは、これらの情報をネットワーク化することによって、自在にカスタマイズし、集中・一元管理を可能にします。正確な造影検査情報を参照することにより読影能を向上させ、操作ミスを防ぎ、病院のニーズに応えたシステムです。

CE エビデンス導入のメリット

・ 造影検査情報の記入や集計処理の手間を軽減します。
・ 読影時に造影検査情報を参照でき読影能が向上します。
・過去の造影条件を参照でき再現性のある造影が可能。
・ 造影剤投与の管理を被曝量管理と同じようにできます。
・ 医療行為実施の証拠としてデータを保存できます。
・一元管理を図ることで医療ミスの低減に貢献できます。

HOME > CE Evidence