HOME >  Mission Statement
社長挨拶
会社の歴史
会社概要
ネットワーク
Mission Statment
Staff Voice
お客様の声は私たちの宝
 造影剤注入器が進化し続けるために欠かせないのは、お客様のご要望と、それを実現するための「創造力」、そして具現化するための「技術力」です。日本の放射線科ドクターや技師の方は「なぜ造影剤をこの分量入れるのか? この検査をするのに、どのくらい患者様に負担がかかるのか」というように、常に患者様のことを考えておられます。そんな医療現場の方の声は私たちの宝です。その熱い思いにお応えできるように製品の開発に努めてきました。これからも私たちはそのお客様の声に真剣に耳を傾け、「創造力」と「技術力」を駆使して安心してお使いいただける製品をスピーディーにお届けすることをめざしています。
お客様の声は私たちの宝
機械をつくるだけではない心得
機械をつくるだけではない心得
 製品の機能や注入法は、お客様のご要望に加え、学会や研究会の最新の情報を元に設計されています。「なぜこの機能が必要なのか」など、社員全員が製品をつくるだけではなく、医療現場でどのように使用され、どういう貢献ができるのかを理解した上で、万全の品質管理に努めています。また、良い製品には良いサービスがあって、はじめて優れた製品が提供できたことになると考えます。本当に安心してお使いいただくためには、アフターケアが大切です。直接お話を伺い、疑問がないようにご説明をし、常に臨床現場で支障をきたさないよう、迅速で誠実な対応を心がけています。
お客様の声は私たちの宝
 診断装置の進化が加速するなか、造影検査はますます高度なテクニックが必要とされるようになりました。私たちは、造影に関しての研究を支援し、最先端の技術や情報についてアンテナを張り巡らせ、現場の方への情報提供および、製品づくりに役立てるよう努めています。造影検査の全体を見渡し、設計の段階から、将来どのように進歩していくのかを見据え対応した製品開発を行っています。 医療機器において、現場の方が簡単に、快適に利用できることが重要です。直感的に操作できるよう、総合的にデザインされていることは安全性にもつながります。さらに検査時に患者様にいちばん近い医療機器であることから、怖がらずに安心して検査を受けられるよう、やさしく美しい見た目も大事であると私たちは考えます。根本杏林堂の製品は、「高いデザイン性をもち、安心して使用でき、安定して正確に動く」を基本コンセプトにしています。
−世界中の医療機関に認められる製品をめざして−
それが私たち根本杏林堂の夢です。体型の違いや検査機器の形状の違い、現場対応の違い、知識の差など、「世界中で根本杏林堂の造影剤注入器を使っていただくこと」、その実現はとても難しいことではあります。しかしながら、夢がなければ良い製品は生まれません。私たちは、常に新しい造影剤注入器の開発に取り組み、これからも日本の医療機器メーカーとして長く医療と健康に貢献してまいります。


お客様の声は私たちの宝
HOME >  Mission Statement